総務請負事業とは

給与計算や会計・経理、福利厚生業務などの総務部門が行う業務を、弊社の標準化モデルに基づき業務改善を行い、全体最適による効率化を推進しています。
下記のような手順で標準化を進めます。
1.総務業務をヒアリングさせていただき、業務単位別に、業務線引き(請負業務)を明確化した上で請負範囲を決めます。
2.請負元会社様で行ってきた業務手順や方法を標準化されたプロセスに統合する ことで、弊社及び請負元会社様の業務改善と品質レベルの向上を図ります。
(1) 弊社内での業務改善。
(2) 請負元会社様の業務のプロセスを見直し、より効率的なサービスを提供できるような提案を行います。
3.標準化されたプロセスを請負元会社様のビジネスモデルを参考に見直しを行いながら、さらなる業務のスリム化・品質向上に繋げます。

シェアードサービスとは

会社の数だけある様々な業務のやり方を揃えたり、サービスレベルの均一を図り、業務単位で集約し、専門的知識を持った組織を作り、各企業向けにサービスを提供することで、グループ経営の効率化を図る経営手法です。シェアードサービスでは、総務・経理と言った間接部門の業務を共有化・共通化させることで、統一した標準プロセスを作り、効率化や品質向上を目指します。

シェアードサービスの狙い

シェアードサービスを導入する目的は、重複業務の増加による煩雑さを解消することであり、一般的にはコスト削減、品質向上、ガバナンス強化、グループ経営力の向上などがあげられます。
1.間接部門のコスト削減
人材や設備機器を共有することによる効率化と、業務の標準化による担当者の異動・退職などの業務停滞リスクの回避が期待できます。
2.業務品質の向上
各々の企業で蓄積してきたノウハウを標準化することで、高い専門性を確保 し品質のバラツキから起こるムダを排除することが期待できます。また、これまで身内だった業務成果の提供先を「顧客」として意識することに よってサービスが向上する効果があります。
3.ガバナンス強化
業務を集約することにより業務の透明性の向上および内部統制の強化が期待できます。
4.グループ経営力の向上
専門性の高い人材育成の場となり、経営視点からの改善提案が期待できます。
Copyright (C) DAIO MILL SUPPORT CO.,LTD. All Rights Reserved.